8NEST BLOG
BLOG

コワーキングスペースがどのように利用されているのか

2021年5月14日 

今回はエイトネスト シェアハウスのコワーキングスペースがどのように利用されているのかをご紹介させていただきます。

まず現在コワーキングスペースが完備されているエイトネスト シェアハウスですが、四条烏丸の交差点から歩いて5分のところに「エイトネスト 四条烏丸」があります。この4月にOPENした3階建てビルをフルリノベーションした大型シェアハウスとなっております。詳細の場所は以下の通りです。

 

このお家の特徴は一階部分に広々としたワークスペースを設けているところです。

 

コロナ禍の状況にあって、リモトーワーク・テレワークされている入居者さんにとっては心強い味方となってくれるワークスペースは四人が座ることができるテーブルが4台、五人が座ることができるワーク用テーブルがあり、入居者さんはそれぞれ気分に応じて場所を変えてお仕事をされています。もちろん学生の方にとっては勉強に集中できる嬉しい環境でもあります。

 

CASE1

ZOOMでミーティング

この状況下で必須となったツールですが、対面での打ち合わせが少なくなった今、お仕事の多くの場面で登場します。入居者さんの中には、国内・また海外との打ち合わせをこの場所から実施されており、以前までは移動が多かったが、いまではこの空間が拠点となって様々なお仕事上でのやり取りをされています。

CASE2

ひたすらお勉強!!

エイトネスト シェアハウスのコンセプト国際交流に関わる部分なのですが、もちろんこのシェアハウスにも海外からいらっしゃった入居者さんがいます。中には難関の日本語検定試験を目指してお仕事から帰られてから、このスペースでお勉強されている方もいらっしゃいます。

CASE3

広い空間で映画を見る!

開放的な場所でみる映画は格別です、お部屋で見飽きた方にお勧めです!

 

いかがでしたでしょうか、ここに上げただけでなく、このスペースの活用方法は多岐にわたります♪

ワークスペースがある暮らしをあなたも始めてみませんか!?

 

 

京都の国際交流シェアハウスならエイトネストへ!

京都でグローバルなシェアハウス・ゲストハウスならエイトネスト!外国人と一緒に暮らすことで国際交流を楽しみながら英語も学べるシェアハウスです。家具家電付、光熱費込、Wi-fi完備。礼金、仲介手数料、保証人は不要で初期費用も安いので大変人気です!

京都大学、立命館大学、同志社大学をはじめ、京都市内の各大学や専門学校近くにシェアハウスが点在し、社会人・学生の方をはじめ社員の語学力を伸ばしたい企業様の社員寮としても幅広くご利用頂いております。

内装や設備は全てリノベーション済みで、新築のハウスや女性も安心の女性専用シェアハウスも多数ございます。

 


copyright 8NEST All Rights Reserved.

メニューを閉じる