エイトネストが生まれた経緯

海外から日本に来る人の問題と
不動産所有者・オーナー側の問題を
うまく繋げる方法は?

「不動産を有効活用したい」「収益を上げ利益を確保しながら、なおかつ海外から日本に来られた方の住居問題を解決したい」という点を実現する手段として、ゲストハウス、シェアハウスの事業が誕生しました。

  • 海外から日本に来る人の問題

    • 連帯保証人が見つからない(信用問題)
    • 家具や備品の調達(全て自分でやらなければいけない)
    • 準備や手間のコスト(住む期間に対して手間がかかりすぎる)
  • 不動産所有者・オーナー側の問題

    • 買い手がつかない空き家
    • 放置されたままの空き家
    • 一般的な賃貸にするには立地条件が厳しい(駅から遠い、郊外など)物件

大切にしているポリシー

弊社が
特に大切にしていることは
「コミュニティづくり」です

面談では「なぜこのシェアハウスを選んだのか」という部分を必ずお尋ねしています。第一条件は「国際交流がしたい」「人との交流が好き」という方であること。金銭的な理由から入居を希望される方に対しては、お断りしています。
明確に国際交流をコンセプトとして打ち出している以上、目的の部分での選別は重要です。違う目的をお持ちの方が入居することで、入居後の交流やコミュニティづくりに影響が出てしまうことは本意ではありません。

  • 外国人の方

    • 限られた時間で様々な価値観に触れ、充実した時間を過ごす
    • 家を借りるためのハードルを下げ、気軽に留学を楽しむ
  • 日本人の方

    • 国内にいながら、国際交流ができる
    • 様々な文化、価値観に触れながら、語学力の向上に役立つ
  • オーナーの方

    • 明確にコンセプトを打ち出すことで、集客力を高める
    • 入居者の目的が達成できるシェアハウスを運営することで、安定した収益が可能

3者3様のメリットを
感じていただけること、
ハチノジが目指す仕組みが
ここにあります。

物件詳細・相談・物件内覧など
お気軽にご相談ください

ご相談はコチラから

copyright 8NEST All Rights Reserved.