8NEST BLOG
BLOG

ワクチンパスポートの申請が開始

2021年8月4日 
7月26日に各市区町村で「ワクチンパスポート」の申請受付が開始されました。

このワクチンパスポートとはいったい何なのでしょうか?

コロナウイルス接種を証明する書類で、氏名・国籍から1回目・2回目の接種日が明記されます。

ワクチンパスポートをもっていると海外渡航時の入国の際にこれを提示することで、隔離措置の免除や緩和の措置を受けることができます。

対象は海外旅行の際に必要はパスポートを持っている方となります※

※自治体によっては、パスポートを持っていても、当面渡航予定がない方は申請できないケースあり

 

どの国に行ってもこの措置が受けられるのか?

現在のところ以下の国となります。

イタリア
オーストリア
セントクリストファー・ネービス
セントビンセント
タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)
ドイツ
トルコ
ブルガリア
ポーランド
香港(長期滞在ビザ等の有効なビザを持つ方に限る)
ホンジュラス
リトアニア
韓国
エストニア

引用:外務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html


では海外から日本に入国する場合はどうでしょうか?
これについては現時点で措置の緩和は実施されていないようです。

参照:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html


ワクチンパスポートを使うメリットは?
海外渡航時の負担がかなり減ることとなりますが、当面のところ急な渡航が必要な方に対しての措置といった
意味合いが強いように感じました。

ただこの仕組みがさらに浸透すれば、国を跨いだ移動のハードルが下がり、人の移動が以前の状態に戻るような社会が
まっているのではないでしょうか?現在日本に訪れたいが、入国にハードルがあったり、そもそも入国ができない方
に対して一筋の光となってくれること切に望みます。


京都の国際交流シェアハウスならエイトネストへ!

京都でグローバルなシェアハウス・ゲストハウスならエイトネスト!外国人と一緒に暮らすことで国際交流を楽しみながら英語も学べるシェアハウスです。家具家電付、光熱費込、Wi-fi完備。礼金、仲介手数料、保証人は不要で初期費用も安いので大変人気です!

京都大学、立命館大学、同志社大学をはじめ、京都市内の各大学や専門学校近くにシェアハウスが点在し、社会人・学生の方をはじめ社員の語学力を伸ばしたい企業様の社員寮としても幅広くご利用頂いております。

内装や設備は全てリノベーション済みで、新築のハウスや女性も安心の女性専用シェアハウスも多数ございます。

 



copyright 8NEST All Rights Reserved.

メニューを閉じる